軽自動車もものづくりの街・浜松が発祥の地

挑戦心を持ち続けている街

繊維・楽器・オートバイや自動車の産業で支えられているだけではなく、生まれた技術がそのまま、その地域で発展させたことも大きく、世界的な有名な街や企業になっていきました。
古い技術だけではなく、電子技術といった最先端の技術の発展も目覚ましく、日本には欠かせない街です。
江戸時代から技術が発展しているのは、腕の良い職人が集まり、新しい技術が生まれ、さらに職人が集まるといった良い循環が生まれ、軽自動車だけではなく、違う分野も同時に生まれたり、発展したりしていきました。
技術は蓄積されていくものであり、今までの工業技術や最先端の技術が融合していき、新しい製品を誕生させるプロジェクトもあります。
線維や軽自動車からものづくりの歴史が始まったとも言えまして、そういった技術革新がなければ今の姿がないとも言えまして、現在もその姿勢は変わっておらず、ものづくり精神は引き継がれているのです。
現在のスズキの軽自動車は新たな主流を作っており、世界からも技術力が高く評価され「小さな巨人」とも言われています。
このように浜松は、あらゆる分野で日本をリードしており、世界的にも有名な街ではありますが、ものづくりの精神を忘れておらず古い良い部分が残っています。
未来のために今以上の日本初を作るためにイノベーションが生み出すための挑戦心を持ち続けている街です

浜松はものづくりの街として全国的に有名日本初で誕生したものも多い挑戦心を持ち続けている街

浜松 ものづくり一般財団法人 浜松まちづくり公社