軽自動車もものづくりの街・浜松が発祥の地

日本初で誕生したものも多い

その後は戦争も終わり、2代目社長の鈴木俊三と共に開発が再開されまして、1955年10月に2サイクルエンジンフロントエンジン・フロントドライブ方式を採用した軽自動車のスズライトが発売されました。
このように古くからの歴史を持っていまして、浜松だからこそ生まれたといったも過言ではないでしょう。
スズライトが発売される前にも軽自動車は日本にあったと言われていますが、町工場で作られる手作りのものだと言われており、商業的に大きく販売され成功を収めたのがスズキです。
その他にも日本初で誕生したものが多くありまして、例えば国産オートバイも初めてのものであり、だからこそオートバイのまちと言われています。
テレビやピアノ、木工機械、写真フィルム、国産旅客機、アルミホイールなども初めてのものになりまして、今当たり前に使われているものが、浜松から誕生したものであり、街と会社が一緒になって大きく成長していきました。
大企業が本社を置く街として知られていますけど、細かい産業も数多く誕生しています。
古くは繊維の街、戦前・戦後はオートバイや自動車の街、楽器や光学の街として知られ、最近ではうなぎの養殖にも成功しており、各分野で日本を支えています。

【浜松市】国内屈指の企業経営環境を備えた政令指定都市 “ものづくりのまち”が企業進出を支援する|DOL plus|ダイヤモンド・オンライン https://t.co/MHi5rjM4ak @dol_editors さんから

— tango 28 (@sawatar23853754) 2018年3月28日

浜松はものづくりの街として全国的に有名日本初で誕生したものも多い挑戦心を持ち続けている街

浜松 ものづくり一般財団法人 浜松まちづくり公社